何とかなる

何とかなる

今ではよく、二進も三進も行かなくなった時に「詰んだ」という言葉を使うようです。
それを言うならば、私は良く詰んだ状態になっているような気がするのです(笑)
彼と私はよく、気持ちがぶつかってしまい途方に暮れてしまう瞬間がありました。
それぞれが深い愛情を持っているからこそ、衝突してしまうのでしょう。
しかし、衝突している間にそれだけ前向きな感情を抱くというのも難しい話ですよね。
私はそのたびに「もうこれで最後なのかもしれない」という危機感のようなものを抱いていました。
しかし彼の考え方はまるで違いました。
ある日、やはり小さな事が発端となってケンカとなってしまったのですが
彼は言うのです
「絶対に何とかなる方法があるはずだから」と。
その時、こんな状況でも彼は前向きな要素を探してくれているんだと思うと
ありがたいなと思うようになりましたし、私も彼と同じように何とかなる方法というものを
探せるスタンスを持って居たいと考えるようになったのです。
そうして2人の関係は少しずつ形を変えて行きました。
衝突したとしても、その中に糸口やそれぞれが成長できる何かを見つけるという事。
それが出来るようになった時、ケンカの回数もうんと減りました。

して欲しくてしてあげたい

して欲しくて

「やっぱり彼からは好きだよって言われたいよね〜」
と、女友達のひとりが言いました。
すると、また別の友達が
「私はどちらかと言うと言いたいかなあ〜」と言葉を返しています。
そんなやり取りを見ていた私は自分の事をふと考えました。
その瞬間、「○○(私)は?」と聞かれたのです。
私はすかさず「両方」と答えると、2人は面白そうに笑いました。
しかし私の本音はそこにあったのです。
彼との交際の中で、愛情表現と言うものはとてもストレートでした。
普段は照れ屋で、あまり人に感情を見せない人なのですが
私の前だけでは違っていたのです。
「好きだよ」「愛してる」なんて言葉は結構な頻度で聞くことが出来て
それを耳にするたびに私は幸せな気持ちになれたのです。
と、同時に私も彼にその言葉を伝えたいと思うようになって居ました。
私も元々はシャイなタイプですので恋人に対してもそのような言葉を使うことって殆ど無かったのですが・・・。
「して欲しくてしてあげたい」
そう言うと彼は、ずいぶんと正直な意見だと言って笑いました。
こうした愛情のやり取りって千差万別でしょうし伝え方も其々だと思いますが
共通して言えることは「お互いに」ということ。
これが大切な意識なのだろうなと思うのです。

また会える

また会える

「どうしてお前はそこまでバタバタしてるの?」
と、彼が半分怒ったように言いました。
その頃、丁度色々と忙しくしていた私。彼のことを思っても居ましたし、出来ることならばデートだってしたいとも感じていたのですが
その時間が上手く取れなかったのです。
彼が先のように怒ったのは、私がデートを前日にキャンセルしたからでした。
彼からしてみると面白い出来事ではありませんよね(汗)
私も申し訳ない気持ちでいっぱいになったのですが、いかんせん仕事のことでしたので
どうにも動かせずにただひたすら謝ることに終始しました。
そんなことが続いてしまい、一時期はピリピリムードになってしまった私たち。
2人で恋愛を進めて行く自信もなくなりかけていたのですが
逆の状況がおこったとき、私は彼のような態度を取ることはしませんでした。
「また会えるから良いんじゃないかな」
という位の気持ちで彼と向き合ったのです。
会えない寂しさはもちろん在りましたが、どう言っても仕方の無いこともありますから
同じ受け止め方をするのであれば
「また会える」
という意識に重きを置いたほうが、ワクワクしますよね。
こうして私たちは少しずつ「物事を率先して前向きに取っていく」という事をするようになったのです。