格安スマホで使用する格安SIMについても理解しておいたほうがいいと思いますので、凍では格安SIMについて見ていきたいと思います。ドコモ、au、ソフトバンクといった大手の携帯キャリアは自分が持っている回線でデータ通信を提供しています。

■大手の携帯キャリアから借りてデータ通信を提供
格安スマホ業者の大きな特徴として、大手の携帯キャリアから借りた通信回線でデータ通信を提供しています。自社回線を持っていないのですが、このデータ通信サービスを借りた上に付加価値をつけて、提供して安いプランで出しています。プロバイダといった通信業者以外でも、例えばビッグカメラ、イオンなどのスーパーの中にも、この業者は参入しつつあるのが特徴です。この業者が取り扱っているSIMカードのことを格安SIMと呼んでいます。

■格安SIMカードの使用は
格安SIMカードの使用はこの回線を借りている業者の回線を使うことをいいます。ドコモでスマホを買った人と、ドコモの通信回線を書いている業者の格安SIMを使っている人ではドコモ回線を使用するという面だけ見れば同じということになります。

■格安スマホというのは
格安スマホというのは、格安SIMカードに、大手の携帯電話会社よりも安いSIMフリーで使用できるスマホをセットにして提供しているというものになります。格安スマホというのは本体のみが格安というわけではなく、格安SIMと、SIMフリースマホがセットにになって格安スマホということになるわけです。これまで携帯電話会社でスマホを契約して使用していた人にとっては、スマホ本体と、SIMカードを別々に購入するということがなかったので、よくしくみが理解できないという人もいるかもしれませんが、それほど難しいことではないので、すぐに理解できるようになるはずです。