事務手数料が掛かるケースが多い格安SIM

キャリアで契約をしていた時も支払った過去を持っている人が圧倒的に多いのが事務手数料です。これは格安SIMを契約する際にも該当する問題になります。利用料金が安くなるのに、初期費用が掛かることで少しげんなりしてしまうこともあるでしょうが、見ていきましょう。

初期費用の問題からは逃れることができない

新規契約をするとなると初期費用として事務手数料を取られることになりますので、ここからは逃れることができないと考えてください。格安SIMを提供しているMVNOの多くが事務手数料3000円になっていることが多いです。

利用料金はそれ以下になることも多いのが格安SIM。よって事務手数料が高いように感じることもあるでしょうが、こればかりはどうしようもありません。必要経費として計上しておくようにしましょう。

ただしキャンペーンを利用することで安くなることも

正直がっかりしてしまう人も多いでしょう。「せっかく携帯電話の利用料金を今までよりも圧倒的に安くすることができることを知ったのに、事務手数料を3000円も取られるなんて!」。こんな気持ちになってしまうのも仕方がないことです。しかしそこから逃れることができる可能性があります。

それこそキャンペーンの利用です。MVNOは利用者を増やすために、初期費用を無料もしくは割引をしていることがあります。そのようなキャンペーンを利用することによって、初期費用を抑えることができるでしょう。

またMVNOは格安スマホも同時に販売していることが多く、それと同時に格安SIMを購入することで事務手数料無料にしているMVNOも。どこも同じように見えてしまうMVNOですが、このようなキャンペーンから見ていくとお得に利用することができるでしょう。

他にも掛かる可能性がある手数料

初期費用として他にも掛かる手数料があります。電話番号の引継ぎはMVNOでもできますので、希望する場合手数料が発生します。またキャリアで縛り契約をしているときは違約金として発生することも。解約金が必要になるケースがありますので、これも格安SIMに切り替えるときに掛かる費用として考えておかないといけません。ただしすべての人に該当するわけではありませんので、MNP移行が必要ない、解約金に該当しない方は問題ありません。

関連記事

役立つ情報一覧
格安SIMが故障した場合の対処法

格安SIMは値段も抑えられますしいろいろとメリットもあります。しかしデメリットもありますのでそのデメ …

役立つ情報一覧
格安SIMの利用開始の手続きはどうやるの?

普段便利で欠かすことができないスマホですが、やはり経済的には負担に感じることも多いでしょう。 その解 …