格安SIMが故障した場合の対処法

格安SIMは値段も抑えられますしいろいろとメリットもあります。しかしデメリットもありますのでそのデメリットをよく理解した上で利用するといいですね。最大のデメリットといわれている事、それは、端末が故障することです。

格安SIMスマホの一番のデメリットについて

格安SIMを使っていて一番不便だった、デメリットだったと感じられること、それは端末が故障してしまったことだと答えている人が圧倒的に多いでしょう。大手の携帯電話会社の場合には、もし端末が故障してしまった場合には一時的に端末のレンタルで代替を貸してくれるのですが、格安SIM会社の場合にはそういったサービスが一切ないのです。無料での提供はもちろん有料でもこのサービスを提供していないところもありますし、有料ならしてくれるところもあるので様々です。

故障したときどのようなことに困るのか

端末が故障してしまったとき何が困るってやはり、電話が使えない、ラインなどの連絡ツールも使えないので人と連絡が取れないのが困りますよね。修理してくれるところが近くにないので、この不便な状況がしばらく続くというのも困ります。また修理をしている間や新しい端末を購入するまでの期間もスマホのレンタルがある訳ではないので、その間何もない生活を続ける必要があるというのも不便です。

格安SIMを使っている端末の修理について

大手の携帯電話会社の端末の場合は修理は店にもっていけばすぐにしてもらえていたかもしれないのですが、格安SIMの場合には端末の修理をしてくれるところが意外と近くにないというのがデメリットのようです。このような状況で格安SIMを使う場合には、やはり安いからと言って粗雑に扱っていたのでは、別途料金が必要になってしまったり、不都合なことが多々起きてしまいますので、丁寧に端末を扱う事と、何かあったときはどこに修理に出せばいいのか、それを事前に自分でも調べた上で持っていると安心でしょう。何かあってから調べ始めるとあわてますが、何もないときから何かあったときのことを考えておくとスムーズに、修理が必要になったときでも対応させることができるでしょう。保証サービスがある格安SIMの会社を探すという事もいいですね。

関連記事

役立つ情報一覧
事務手数料が掛かるケースが多い格安SIM

キャリアで契約をしていた時も支払った過去を持っている人が圧倒的に多いのが事務手数料です。これは格安S …

役立つ情報一覧
格安SIMの利用開始の手続きはどうやるの?

普段便利で欠かすことができないスマホですが、やはり経済的には負担に感じることも多いでしょう。 その解 …